『聖書を読んだら哲学がわかった』日本実業出版社

『聖書を読んだら哲学がわかった』日本実業出版社

カバーイラスト・挿絵を一冊まるっと担当しました

書籍名:『聖書を読んだら哲学がわかった キリスト教で解きあかす「西洋哲学」超入門』
発行:株式会社 日本実業出版社
著者:MAROさん(上馬キリスト教会ツイッター部
ブックデザイン:山之口正和さん、沢田幸平さん(OKIKATA)
イラスト(計34点):めんたまんた

キリスト教の背景を交えながら西洋哲学をゆるゆると解説されている本です。
イラストも、本のテーマに沿ってゆるゆると描いています。哲学者をたくさん描きました。

哲学についてはぼんやりと興味がある、
大学がキリスト教系だったので聖書についても勉強したことがある(でも授業はだいたい寝ていたので覚えていない)、
という状態で読ませていただきましたが、すごくおもしろかったです。
世の動きのアレもコレもそういうことだったのかー!と、新しい発見がたくさんありました。
本の内容に感化されて、なんとなく人生のやる気も出てきました。

本のカバーにイラストを使ってもらったのも、1冊まるまる挿絵を担当したのも、今回が初めてです。嬉しい。
シュールなお題の哲学者を描くのも楽しく、なんとも充実したお仕事でした。

たくさんの人にこの本を手に取ってもらえると嬉しいです。

日本実業出版社 書籍紹介ページ
Amazonページ
使用ソフト:Clip Studio Paint / Photoshop