『エントロピーの世界』朝日新聞出版

『エントロピーの世界』朝日新聞出版

カットイラスト48点を担当しました

狂言回しキャラクターや物理学者のイラストを中心に、計48点のイラストを描きました。

狂言回しキャラ2体のデザインはお任せいただいたのですが、けっこう頭を悩ませました。
本のテーマである「エントロピー」というものが形のない概念だったからです。
いろいろ考えた末に、エントロピーの大小を頭の形で表したキャラクターにしました。
エントロピーは一言で言うと「乱雑さの度合い」ということなので、ふにゃふにゃの形でエントロピー大を、
整った丸でエントロピー小を表現しています。
当初より博士と助手という案が出ていたので、学者っぽく白衣を着せたものが採用となりました。

本のターゲットが男性ということだったので可愛くなりすぎないようにと思っていましたが、
だんだん可愛く見えてきて愛嬌のある感じに。
「難解な本の内容を和らげてくれた」とご好評いただいた時はホッとしました。
少しでも読者の方々の理解の助けになっていれば嬉しいです。

・書籍名:『図解 苦手を“おもしろい”に変える! 大人になってからもう一度受けたい授業 エントロピーの世界』
・発行:株式会社 朝日新聞出版(企画・編集:松浦美帆)
・著者:鈴木誠治
・ブックデザイン:清水真理子(TYPEFACE)
・校正:鈴木初江
・編集:株式会社 風土文化社
・イラスト:めんたまんた

使用アプリケーション:Fresco, Illustrator

朝日新聞出版 書籍紹介ページ
Amazonページ